希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

ネオマグトップ画像
ネオマグトップ画像
  • ネオジム磁石

    ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石

    サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石

    フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆や腐食の心配はありません。

  • 表面磁束密度吸着力計算

    表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。新しく径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石選定ツール集

    磁石選定
    ツール集

    パーミアンス係数Pc、動作点の磁束密度Bd、トータルフラックスΦo、使用上限温度など即座に計算できます。

  • NeoMag通信

    毎月配信しているメルマガです。今月は「おもしろい宇宙の科学」について特集中です!「宇宙の科学」の基礎部分に関する各種情報をお届けします。

  • 磁石の歴史

    磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

  • 磁石の実力診断クイズ

    磁石の実力
    診断クイズ

    磁石や磁気に関する問題を多数ご用意いたしました。知らなかったことも、これで解決!チャレンジしませんか?

  • 磁石・磁気の用語辞典

    磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

製品カタログ
製品安全データシート
減磁曲線集

各種磁石の比較と選び方

お問い合わせ先 メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【モータの基礎と永久磁石シリーズ(4)】
2010年6月
【交流で回転するACモータ】
前回までは直流で回転するDCモータについて解説してきましたが、今回は交流(正弦波)で回転するAC(Alternating-Current)モータについての話になります。ACモータを分類すると、誘導モータ(Induction Motor)、同期モータ(Synchronous Motor)、整流子モータ(Communtator Motor)に大別されます。誘導モータおよび同期モータはともに、回転磁界により回転速度が決定するACモータです。ここで回転磁界とは、ステータ巻線に三相交流や二相交流などの多相交流電流を流した際に、発生した磁界が多相交流電流の周波数で決まる回転速度(=同期速度)で回転する現象をいいます。回転磁界によってロータが吸引されて回転しますが、その回転法の相違によってACモータが分類されます。
1.誘導モータの基本原理・アラゴの円板
通常は誘導モータやインダクションモータと呼ばれますが、非同期モータ(Ansycronous Motor)と呼ぶ場合もあります。その回転原理は次のような「アラゴの円板」の応用になります。アルミニウムのような金属板の上で、次の図のように磁石を移動した場合、うず電流が発生します。移動方向の前方では磁束が増加して磁束密度が高くなるため、これを打ち消す方向にうず電流(1)が流れます。逆に後ろ側では、磁束が減少して磁束密度が低くなるため、磁束を増加する方向にうず電流(2)が流れます。結局、磁石の直下ではうず電流の向きが同じ方向になり、図の手前の方向に流れます。すると、アルミニウム板は磁束、電流、力の関係から、右方向に電磁力を受けます(フレミングの左手の法則)。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook