希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典
用語辞典一覧 > 押出し成形
用語検索:
【押出し成形】
押出し成形
ラバーマグネットやプラスチックマグネットの製法の一つでもあり、押出し成形機を使用して、磁性粉とゴムやプラスチックを混錬した材料を成形する。」
一般的には、プラスチックで、フィルム、シート、パイプなどのようなエンドレスの長尺物を連続成形する方法である。原理的には、プラスチック原料をスクリュ(またはプランジャで)加熱シリンダ(バレル)内で送り込み、加熱流動化させ、先端のダイ(原料の通過断面穴を持った金型)を通過させて形を与え、これを水または空気で冷却固化させて、長尺品を作る方法である。 トコロテンの押し出しのイメージである。
設備としては押出機、ダイおよび引取装置の三つは欠くことができない装置である。ダイの形状によりフィルム、シート、パイプ、プロフィル(異形材)などさまざまな断面形状の成形品をつくることができる。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス